【2021年1月】南アフリカランドスワップポイントは横ばいのまま!!これからは上昇に期待!!

スポンサーリンク

南アフリカランドも相場自体上向いてきていますね。ただ、まだ重要なポイントは抜けていないのでまだまだ油断はできませんが今年は期待できるかもしれません。

ただ、トルコ、メキシコに比べるとまだまだ医療体制など整っていない面があるため新型コロナウィルスがどうなるかがより強く影響を受けそうです。

では2021年1月の実績を振り返っていきましょう。

スポンサーリンク

まずは政策金利のチェックから

2020年10月からの南アフリカランドの政策金利は次のようになっています。

政策金利/月 2020年10月 2020年11月 2020年12月 2021年1月
政策金利 3.5 3.5 3.5 3.5

政策金利がここ4か月は3.5%と横ばいを保っていますが、昨年の新型コロナウィルスが流行する前は6%を超えていたのでダメージは大きいですね。

今年もこの調子で政策金利が下げられていくようであれば今年も現状を維持するためだけの買い増しとなってしまいます。

2021年1月は∔2739円と一番の稼ぎ頭に!!

日付 保有量 収入 含み損・益
2021/01/02 91,000 523 8,570
2021/01/09 91,000 519 -12,906
2021/01/16 91,000 578 -9,994
2021/01/23 94,000 589 -7,227
2021/01/30 94,000 530 -2,997

一週間ごとの「保有量」「スワップポイント」「含み損」は表のとおりです。1週目は含み益がでていたのですが、まだまだ相場がレンジ帯を抜けていないので含み損をかかえたり、含み益に変わったりしているといったかんじですね。

スワップポイントは安定して500円台をキープしていますが、週によってばらつきがありますね。毎月の買い増しでは大体30円から40円ほどスワップポイントが増えていう予定なので年末には順調にいっていれば1週間で1000円も視野にはいてもなぜか最初の2週は極端に少なかったのですが、4週目には500円の大台を突破していい感じに増えてます。

チャート分析からの今後の予想

※週足は緑、日足は青の波を描いています。

南アフリカランドスワップポイント202101W

週足ではダウントレンド継続中の戻りがいったん入ってきている場面です。赤のトレンドラインで若干反発して下落していくような動きも見せています。

この赤のトレンドラインを抜けたとしても戻り高値を超えていないためまだまだ週足では売りが入ってくる場面があります。

南アフリカランドスワップポイント202101D

日足のポイントは、直近ではレンジを抜けてアップトレンドを作っていますが、前回レンジ高値をサポートラインとし、週足レベルで確認でいる赤のトレンドラインに頭をしっかりと抑えらえれているようにも見えます。

このまま赤トレンドラインに抑えられて下げてきてしまうと大きなダウントレンドの中にアップトレンドとダウントレンドが混在するカオスな状態になってしまうのでそれだけは避けてほしいですね。

画面が小さいので日足ではアップトレンドに見えますが、下げを作った起点を超えていないので大きく買い増しをしていくのは危険です。

赤枠を超えてくれば買い増し数を多くしていくつもりです。

まとめ

今回のポイントは

1か月で2739円と一番高額のスワップポイントが付与された。
上昇トレンドが日足レベルで継続している。
といった点で期待が持てる動きとなった一方で
週足や、日足でのダウントレンドのちょうど節目にきている。
特に日足では頭を抑えれているのでこのままダウントレンドが再開する?
政策金利が横ばいだが以前2020年1月時の半分しかない

といった不安要素が多い通貨となっています。

日足の頭が抑えれ冷るのがフェイクで更に上昇すれば週足レベルの戻り高値を目指していく動きになるのでそうなるように期待していましょう。

ずっと使えるFXチャート分析の基本 (シンプルなテクニカル分析による売買ポイントの見つけ方)

新品価格
¥1,650から
(2020/4/12 01:19時点)




コメント

タイトルとURLをコピーしました