【2021年1月】トルコリラスワップポイント運用実績は急上昇!!下落トレンドは終わったのか?

スポンサーリンク

2020年の11月にトルコリラの政策金利の利上げが決定しました。これを気に今まで売られていた相場も徐々に上向いてきています。

2020年までは政策金利も為替も気分までも下げ下げでしたが2021年は大きく上げ上げへと変わるかもしれません。

では早速2021年1月の運用実績を見ていきましょう。

スポンサーリンク

まずは政策金利のチェックから

2020年11月からのトルコリラの政策金利は次のようになっています。

通貨/月 2020年10月 2020年11月 2020年12月 2021年1月
トルコリラ 10.25 15 17 17

政策金利がここ3か月で約6%も利上げがされました。※ちなみに、2020年1月の政策金利が11.25%でした。

この利上げ政策のおかげでチャートも上昇トレンドを築きつつあります。

2021年1月は∔1689円とそれなりの稼ぎ!!

日付 保有量 収入 含み損
2021/01/02 22,000 170 -80,660
2021/01/09 22,000 111 -76,084
2021/01/16 22,000 335 -79,868
2021/01/23 24,000 500 -78,018
2021/01/30 24,000 573 -70,386

一週間ごとの「保有量」「スワップポイント」「含み損」は表のとおりです。1週間ごとに含み損が少なくなってきています。

スワップポイントもなぜか最初の2週は極端に少なかったのですが、4週目には500円の大台を突破していい感じに増えてます。

チャート分析からの今後の予想

※週足は緑、日足は青の波を描いています。

トルコリラスワップポイント2101W

週足ではダウントレンド継続していますが、現在はしっかりと一度戻しを作っているといった状況のようです。

赤色の大きなトレンドラインが近づいているのと、週足でのレジスタンスラインが近いのでそろそろ売り勢力が入ってきてもおかしくないポイントとなってきています。

 

トルコリラスワップポイント2101D

日足のポイントは、ダウントレンドとアップトレンドが混在しているところです。大きく下げの波を左で作っており、戻り高値を超えていないので売り勢力が強いと見ています。

ただ、この1,2か月で小さいながらもアップトレンドしっかりと作ってきており、またアップトレンド中の前回高値でしっかりと下支えされながらさらに上昇をしていこうかといった状況になっています。

なので、赤枠と青枠の間で行ったり来たりするような展開になるのではと見ています。赤枠付近でダブルトップや三尊を作るようだと、またそこからさらに売りが加速して入ってくるかもしれません。

とはいってもアップトレンドを作っている状態のなのでしばらくは12.90円あたりから15円の幅でレンジをつくるのを期待しましょう。

まとめ

今回のポイントは

1か月で1689円スワップポイントが付与された。
上昇トレンドが日足レベルでも確認できる。
政策金利が17%のまま維持してくれている。
といった点で期待が持てる動きとなった一方で
週足や、日足でのダウントレンドのちょうど節目にきている。

といった不安要素も強くなってきています。このまま上昇トレンド継続或いはレンジに突入してくれると資金管理の面から言うと楽なのですが・・・

こればっかりはわからないので大きな期待はせず慌てすできることだけをこなしていきましょう。

 

ずっと使えるFXチャート分析の基本 (シンプルなテクニカル分析による売買ポイントの見つけ方)

新品価格
¥1,650から
(2020/4/12 01:19時点)




コメント

タイトルとURLをコピーしました