【スワップ投資180日目】政策金利が影響してきています。

スワップポイント
2019年7月第2週目の運用報告です。今週はメキシコペソ円のスワップが減っていることに気づきました。付与日数は変わっていないのですがスワップ額が減っていましたね。



7月第2週のサマリーとスワップ額を公開

スワップ額とサマリーは画像でご確認ください。
0713.JPG07132.JPG
第2週目のスワップ額は918円と先週の948円から30円ほど減っています。今週からは先週との比較をもっとわかりやすくできるようにサマリーの画像を毎週乗せるようにします。これでスワップが減った原因がどの通貨にあるのかすぐに分かるようになります。先週との画像比較をするとメキシコペソ円がちょうど30円減っています。スワップは国同士の金利差によるものなのでいつ逆転するかわかりません。こういったデメリットがあることを十分に理解したうえで投資を続ける必要はあるかなと思います。現時点で日本の金利があまりにも低いのでスワップが多くもらえていますが、もし政権が変わり金利が上がったとすれば毎日スワップがで削られることになります。とは言っても簡単に日本とメキシコとの金利が逆転するとは思えませんが・・・
最後までお読みいただきありがとうございました。今後も継続して報告いたしますので気になる方はブックマーク等をお願いいたします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました