【スワップ投資264日目】10月最初のスワップは・・・

スワップ投資264日目 スワップポイント

2019年10月の第1週目のスワップ実践報告です。先週は祝日もあったせいか少しばかりスワップが少なかったのですが今週はどうだったでしょうか?


各国の政策金利一覧

まずは各国の政策金利を確認しておきましょう。現在投資している3か国に加え日本、欧州、アメリカを表にまとめております。

国/月 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
日本 -0.1 -0.1 -0.1 -0.1 -0.1 -0.1 -0.1 -0.1 -0.1
南アフリカ 6.75 6.75 6.75 6.75 6.75 6.75 6.5 6.5 6.5
メキシコ 8.25 8.25 8.25 8.25 8.25 8.25 8.25 8 7.75
トルコ 24 24 24 24 24 24 19.75 19.75 16.5
アメリカ 2.5 2.5 2.5 2.5 2.5 2.5 2.25 2.25 2
欧州 0 0 0 0 0 0 0 0 0

この一年でどの通貨も政策金利は下げられてきています。トルコリラに至っては約8%も利下げがされていますね。このまま利下げが続くとスワップ投資をするうま味がなくなってしまいそうですね。

2019年10月第1週目のスワップ収入一覧

トルコリラ

トルコ保有量 トルコスワップ トルコ含み損
9,000 441 -7,565

南アフリカランド

南ランド保有量 南ランドスワップ 南ランド含み損
26,000 203  -15,307

メキシコペソ

メキシコ保有量 メキシコスワップ メキシコ含み損
32,000 247  -8,431

合計

合計スワップ 含み損合計
891 -31,303

今週から通貨ごとにスワップ額、含み損、保有通貨量を表にまとめるようにしてみました。

やっぱりこうやって通貨ごとに確認していくのは大事ですね。今現在どの通貨に偏っていて、スワップがどのようになっているか一目両全です。南アフリカランドが保有量の割に含み損がかなり多いですね。いったん30,000通貨で買うのを停止した方がいいかもしれませんね。

今週ですが積み増しをしていたのですが、900円台を突破しなかったのですね。毎月買い増しで30円ずつ増えていく予定なので12月には1000円突破が見えてくるのではないでしょうか?

まとめ

現在口座維持率が2600%と高水準を維持しています。逆を言えばそんなにリスクを取っていないとも言えます。今、目をつけているのはカナダドルです。カナダドルは現在下落トレンド中でかなりの安値圏にいると言えます。ただ、週足レベルでその流れは収まってきているようにも見えます。底値が固まってきたぐらいに4000通貨を分けて購入していこうと思います。

最後までお読みいただきありがとうございました。今後も継続して報告いたしますので気になる方はブックマーク等をお願いいたします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました