【スワップ投資299日目】スワップ投資はおいしいですね。

スワップ投資

スワップ投資も299日目の報告です。先週に引き続き、今週も平日が4日だったため正確なスワップ額は分からない週となりました。まぁ何もしなくても収入があるというのは嬉しいことですが(笑)

では今週のスワップ投資の報告へレッツゴー!!



政策金利命!各国の政策金利一覧を確認しておきましょう

まずは各国の政策金利を確認しておきましょう。現在投資している4か国に加え日本、欧州、アメリカを表にまとめております。

国/月 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
日本 -0.1 -0.1 -0.1 -0.1 -0.1 -0.1 -0.1 -0.1 -0.1 -0.1
南アフリカ 6.75 6.75 6.75 6.75 6.75 6.75 6.5 6.5 6.5 6.5
メキシコ 8.25 8.25 8.25 8.25 8.25 8.25 8.25 8 7.75 7.75
トルコ 24 24 24 24 24 24 19.75 19.75 16.5 14
アメリカ 2.5 2.5 2.5 2.5 2.5 2.5 2.25 2.25 2 1.75
欧州 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
カナダ 1.75 1.75 1.75 1.75 1.75 1.75 1.75 1.75 1.75 1.75

アメリカまでも10月は政策金利を下げてきていましたね。世界的に金利は下がる方向のようですね。多少下がっているとはいえまたまだトルコ、メキシコ、南アフリカは金利が高いですね。

2019年11第2週目のスワップ収入一覧

トルコリラ

トルコ保有量 トルコスワップ トルコ含み損
9,000 326 -5,855

南アフリカランド

南ランド保有量 南ランドスワップ 南ランド含み損
28,000 220 -8,909

メキシコペソ

メキシコ保有量 メキシコスワップ メキシコ含み損
34,000 266 -623

カナダドル

カナダドル保有量 カナダドルスワップ カナダドル含み損
1,000 28 2,177

合計

合計スワップ 含み損合計
840 -13,210

トルコリラについてははっきりと経過が出た形となりましたね。先週よりも4円少ない結果となっています。週単位あたりこれまでより20円ほど少ない結果になりそうですね。結果カナダドルの買いまし分がほぼ効果が出ないといった感じです。ただ、今週にきて大きく進展しているのがメキシコペソです。含み損がまさかの3ケタ台!このままいくとプラスに転じる可能性も見えてきました。カナダドルと一緒に含み損解消を大きく解決してくれるかもしれません。このまま円安方向へ行ってくれることを願います。

 

まとめ

今月のメキシコペソと南アフリカランドの買い増しでどこまでスワップ収入が伸びるか期待ですね。とりあえず年内は週平均1,000円を超えるようになってもらいたいものです。

最後までお読みいただきありがとうございました。今後も継続して報告いたしますので気になる方はブックマーク等をお願いいたします。



コメント

タイトルとURLをコピーしました