なぜ口の中を噛んでしまう?その原因と対処法をまとめ

雑記
スポンサーリンク

30代に突入して、1年程経つのですが近頃なぜか口の中をよく噛んでしまうようになってしまいました。

一度噛んでしまうと、噛んだ箇所が腫れてきてしまい治ってきたかなと思いきやまた噛んでしまうという悪循環が生まれてしまっています。

今回は

 

なぜ口の中を噛んでしまうのでだろうか?

噛まないように気を付けるべきことは?

噛んでしまったらどうしよう??

 

噛んだ瞬間「あっ!やっちまった!」とともに激痛が走りますよね・・・最近疲れているのかなとと感じながら日々の生活をしているかと思います。

この記事では口の中を噛んでしまう原因から、噛まないように気を付けるべきポイント、また、噛んでしまったときの対処法をまとめました。

記事を読み終えれば、明日からでもすぐに実践ができます。「口の中を噛んでしまって食べにくい」「よく噛んでしまうのでどうにかならないか」など悩んでる方の参考になればと思います。




スポンサーリンク

なぜ口の中を噛んでしまうのだろうか?

口の中を噛んでしまう理由は大きくわけで4つあります。噛んでしまう4つの理由は次の通りです。

  1. ストレス、疲労
  2. 口の中の筋肉のたるみ
  3. 噛み合わせ
  4. 顎の関節に何らかの異常がある

ではこの4つの理由を細かく見ていきましょう

ストレス、疲労により噛んでしまう

人は口の中を噛まないよう、無意識に歯と口がしっかりと連動してしてモノを食べています。しかし、ストレスや疲労がたまることにより、無意識の内に口の中がうまく動かなくなり噛んでしまうようです。特に、ストレスにより噛んでしまう場合は何らかの神経障害が出ている可能性があるので要注意です。

口腔内の筋肉がたるんできている

これは年を重ねることにより、徐々に筋肉が落ちていったり、口を動かさないためにうまく口を動かせなくなっていってしまっている可能性があります。人とあまり話さなかったりご飯をあまり噛まずに食べたりしている人は要注意です。

噛み合わせの変化による口の中の環境変化

ストレスや疲労のところでも触れましたが人は無意識に噛まないように歯と口を動かしています。ただ、歯の治療や抜歯などにより口の中の環境が変わるとそれまでのようにいかなくなるため噛んでしまうことが多くなります。歯医者に通っているときなどは要注意です。

あごの関節がずれている等の異常がある

気づかないうちにあごの関節がズレてきてしまい、口の中の形が変わっているかもしれません。上の3つに比べ噛んでしまっている本人は気づきにくいので注意が必要です。あごに違和感を感じたら要注意ですね。

噛まないように気を付けるべきことは?

コメント

タイトルとURLをコピーしました